シッタカブリオーネ

虚言・妄言・支離滅裂

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

理不尽自覚

 この夏に遊ぶ計画を立てるため、旧友に連絡を取った。彼女の頭はあまり論理的にできていない。それが彼女の特徴であり、そこから飛び出す理解不能な発言や行動こそが今でも会おうなどと思わせるファクタだろう。
 しかし、もし彼女と知り合ったのが最近であったら、僕は確実に彼女を遠ざけていたように思われる。スムーズな意思疎通などほとんど不可能だし、少し利己的すぎる。
 それなのに、彼女に対してはそれを特徴として許容している。そればかりか、そういった特徴が変わって欲しくないとさえ思っている節がある。なぜだろう、それは。

 最近は、自己というものを、他者も含めて考えるべきだとして検討している。人間は環境を使って自己のバランスをとる。バランスをとるということは、すなわちそれと全く逆の方向の力が内的に働いているということだ。意識が脳の活動の一切を把握できていない以上、他者と自己の境界は曖昧だろう。
 そして問題はそこへ向かう。僕は彼女によって何を得ているのか。何が、彼女を許容させているのか。

 僕は結局僕が知りたい。そして少なくとも、彼女より僕の方が利己的すぎることは確かだ。
スポンサーサイト
  1. 2008/07/25(金) 00:50:45|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

しゅーきょー

  宗教に対する度を超えた拒絶感は、少し正常の範疇を超えているように感じる。世の中で散見される、そのアンチな感情を共有する集団もまた、宗教的に見える。しかも粗悪な宗教のように。
 宗教的であるが故に批判する、というのは自らの置いている状況に気付いていないだけだろう。関係というのは大体において宗教的だと僕は考える。恋人同士なんてまさにそういうものだと思うし、何より自己という奴が最も怪しい。自己とは偶像ではないか?幻想ではないか?神の原型が他者であると言われるけれど、それ以前に自己が最も胡散臭い。宗教的とは考えられないか?
 私は私の殉教者であり、同時に私の神である。時間的広がりを念頭に置けば、その命題は全く不自然ではない。そう思うんだけど、それでもなお宗教であるというだけで叩く輩はいるのだろうか。だとしたら、何を根拠に叩くのか。何を信じて。
 見え透いた動機ではなくて、それを安定させているものが知りたい。
  1. 2008/07/24(木) 16:48:38|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バス

 夕暮れ時、バスに乗っていた。整理券を片手でもてあそんで、窓の外を眺めてた。どこかからどこかへ、たどり着くまでの間。幸福だったかもしれない。バスに乗っていたあの瞬間は。
 近頃、僕の頭は思い出してばかりいる。もう考えることはしないのだろうか。ここはどこなのか。どこかとどこかの間なのか。それとももう、すっかりたどり着いてしまったのか。

 バスに乗っていた頃、ときどきお前が前の席に座った。それとも俺が後ろの席に座った。いずれにせよ、そういうときはいつも背中を見ていた。後ろ髪、手をのばせば触れられる。どうしてついに、そうしなかったのか。簡単なこと。楽しんでいたのだ。いつか触れることを予感して、まだ触れないという状態を。それで満足していた。多分、そうだと思う。
 お前は、どうしていつもあそこに座っていた?バスには二人と、寡黙な運転手がいるだけだったのに。

 思い出す。思い出せない。嘘を思い出す。嘘を作り上げる。思い出そうとして、嘘を探している。たどり着いたらどうしよう。どうしようか。僕にはお金がない。だから降りられない。そして支払うべき代金は増していく。だから僕は窓を開けて、整理券を捨ててしまおうか迷っている。それとも僕を捨ててしまうか、ずっと迷っている。
 バスは走り続ける。バスは必ず、いつかどこかへたどり着く。知っていて乗ったのだ。でも、どうしようもない。だから、窓の外を眺め続ける。

 バスがどこかへたどり着いても、僕はどこへもたどり着かない。それとももう、ずっと前に、たどり着いていたのだろうか。

テーマ:落書き - ジャンル:その他

  1. 2008/07/24(木) 02:31:57|
  2. 妄言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。