シッタカブリオーネ

虚言・妄言・支離滅裂

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

理不尽自覚

 この夏に遊ぶ計画を立てるため、旧友に連絡を取った。彼女の頭はあまり論理的にできていない。それが彼女の特徴であり、そこから飛び出す理解不能な発言や行動こそが今でも会おうなどと思わせるファクタだろう。
 しかし、もし彼女と知り合ったのが最近であったら、僕は確実に彼女を遠ざけていたように思われる。スムーズな意思疎通などほとんど不可能だし、少し利己的すぎる。
 それなのに、彼女に対してはそれを特徴として許容している。そればかりか、そういった特徴が変わって欲しくないとさえ思っている節がある。なぜだろう、それは。

 最近は、自己というものを、他者も含めて考えるべきだとして検討している。人間は環境を使って自己のバランスをとる。バランスをとるということは、すなわちそれと全く逆の方向の力が内的に働いているということだ。意識が脳の活動の一切を把握できていない以上、他者と自己の境界は曖昧だろう。
 そして問題はそこへ向かう。僕は彼女によって何を得ているのか。何が、彼女を許容させているのか。

 僕は結局僕が知りたい。そして少なくとも、彼女より僕の方が利己的すぎることは確かだ。
スポンサーサイト
  1. 2008/07/25(金) 00:50:45|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<フラットブラック | ホーム | しゅーきょー>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://3daysbaldness.blog115.fc2.com/tb.php/104-908dcaa6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。