シッタカブリオーネ

虚言・妄言・支離滅裂

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フラットブラック

 雲のおかげで間接照明となった月が校舎を薄く照らしていた。屋上の鉄柵は風で軋んでいたが、その音は篤司の耳に届いていない。彼は三階のベランダで、垂れ下がったスピーカの下、壁に寄り掛かっていた。ヘッドホンから微かに漏れるメロディは、夜というこの空間の小さな反逆者だった。
 「許されるだろうか」
 口にしてみた言葉はヘッドホンを貫通して、彼の鼓膜を振動させた。
 許されるだろうか、僕は。しかし、いったい誰に?あるいは何のために?あるいは何が許されるのか。
 儀式だ。彼は思った。許すとか許されるとか、そんなものは儀式に過ぎない。感情を言葉にして、言葉の上で解決してみせて、納得したという状態を得る。そんなくだらない儀式。そしてきっと自分は、解消されない部分に固執して留まろうとするのだろう。いつの間にかそれは、名前なんかよりずっと確かそうなアイデンティティになっているから。
 篤司の目は校庭の隅で蠢く木々の影をずっと見ていた。風は吹いているようだ。少なくともそう見える。けれどそんなものは疑わしいということを彼は十分理解していた。
 狂っているのだから。世界か自分のどちらかが。
 どうしてこんなことに。そう思ったとき、不意に彼の視界を影が遮った。彼はヘッドホンを外し、前に差し出された紙コップを受け取った。
 「サンキュー」
 顔を上げた篤司の視線の先には見慣れた旧友の無愛想な顔があった。
 「あ、戸塚。下の様子はどうだった」
 篤司の言葉にその無愛想な青年は小さく首を振った。
 「そっか」
 篤司はため息まじりに頷いた。そして彼の目は、戸塚が無言で腰を下ろしたため、そのまま彼の背後に隠れていた月を捉えた。薄い雲に隠された月は満月。東の空にぽっかりと、いつまでも動かない。この世界の不動な点P。
 篤司はコップに入った気の抜けたコーラに口を付けた。
 「不味いな」
 「でも飲めるだけましだ」
 「そう、その通り。でもなんか、罰ゲームみたいだな」
 「そうだよ、知らなかった?」
 戸塚はこともなげに言った。きっとジョークのつもりだろう。
 「知ってるよ。ただ、ここじゃ何もかもが罰ゲームみたいで、いったい俺が何をしたんだ、って言いたくなるだけ」
 「篤司」
 呼ばれて篤司は戸塚を見た。もうお終いなんだな。篤司は彼の表情から、そのことを悟った。
 「僕らが犯した罪なんて、誰にも言い尽くせないほどあるんだ。自覚しても仕切れないほどに」
 「じゃあ、誰がそれを罰する?」
 「それを罪だと知る者が」
 篤司はコーラを飲み干した。指が震えているのを自覚する。けれどこの感情を表す言葉を知らない。無理矢理表現するならば、限りなく幸福に近い絶望。または、その逆か。
 「なあ戸塚。お前に言わなくちゃいけないことがあった」
 「うん」
 「ことりを殺したの、俺なんだ」
 「うん。知ってる」
 戸塚の表情は変わらない。どうしてだろう、と篤司は思った。
 「篤司、ありがとう」
 「何が?」
 「それを言ってくれて。それから、そのコーラ、飲んでくれて」
 篤司は言葉と、ヘッドホンから流れる音楽を聴いていた。もう目を開けていられない。なんて心地の良い眠気だろう。
 「僕は篤司を許せない。だから、毒を入れておいたんだ」
 「ああ、わかってる」
 篤司はそう言ったつもりだった。
 「ありがとう」
 「俺の方こそ、ありがとう」
 篤司の体は音も無くコンクリートの上に崩れた。
 戸塚はそれを見届けると空を見上げた。そしてゆっくりと呼吸をし、涙を拭うと、一人また教室へと戻っていくのだった。
スポンサーサイト

テーマ:小説 - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/10/10(金) 17:49:21|
  2. 断片
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【近未来】 | ホーム | 理不尽自覚>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://3daysbaldness.blog115.fc2.com/tb.php/105-b8c4c6a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。