シッタカブリオーネ

虚言・妄言・支離滅裂

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

老人と海とアンドロイド 2

 モナカは、アンドロイドとしては変わった造形をしていた。普段見かけるタイプのものは、人間らしさが意識されすぎていて歪なものが多い。リアクションが大げさすぎたり、対面した際目をこちらに向けすぎたり。わざとそうして、人間がある程度以上信用しないように設計されているのだ、という話を聞いたこともある。そうすることで依存症になる傾向を抑えようということらしい。本当に効果があるのかは疑わしいけれど、一応人間ではないということを察せる手掛かりにはなっている。
 けれどこのモナカの場合、どうもそれが隠されているような気がする。どこかアンドロイドっぽくない。当然、人間っぽいわけではないのだけれど、普通のアンドロイドと違って、何だろう、あまり対人間を意識されていないような気がする。それとも個人所有のものは、こういうのが普通なんだろうか。
 「何か?」
 「え?」
 突然話しかけられて、私は驚いた。
 「先ほどからずっとこちらを見ているようだが、どうかしたのか?」
 「あ、いや……、そうだね。少し休まない?」
 「200メートルほど先に公園がある。それとも、体力が保たないか?」
 「ううん、大丈夫。じゃあそこまで頑張ろう」
 モナカは小さく頷くとすぐに歩き出した。それにしても、見られていたなんて気付かなかった。ずっと正面ばかり見ているようだったのに。私は頬に手をやった。外気よりも熱い。きっと、赤くなっているだろう。ああ、恥ずかしい。

 公園は予想よりもさらにちっぽけだった。というより、看板とベンチが無ければ誰も気付かないのではないかと思う。それらがあれば公園と言えるのか、という問題は気にしないことにした。少なくとも、木陰のおかげで少し涼しい。これで蝉が喧しくなければ、合格点ギリギリだ。
 「モナカはいつ頃から祖父のところにいるの?」
 「その質問はプライバシー保護の為回答出来ない」
 「あっそう……。じゃ、モナカから見て、祖父ってどんな人?」
 「主人だ」
 「うーん、難しいなぁ……。じゃあさ、私から見たら、どんな人に見えると予想する?」
 「キミの父親の父親だ。つまり祖父に当たる」
 「そうじゃなくて……、もう、わざとやってるの?」
 「意図しない回答はしていないが、質問の意図を把握できなかったようだ」
 私は涼しい顔で立ちっぱなしのモナカから顔をそらし、辺りを見回した。蝉の声が響くばかりで、少し気味が悪い。ここまでに何軒か家があるのを見たけれど、本当はここ、廃村なんじゃないだろうか。
 「不安なのか?」
 「え?どうしてそう思うの?」
 「観察から類推した結果だ」
 「そう。モナカは頭がいいんだね」
 「そのように評価されるのは初めてだ」
 けれどモナカは微笑みもしない。ただ、奇麗に透き通った瞳。
 「ねえ、モナカは祖父のこと好き?」
 「それは地球や太陽が好きか、という質問と同じだ。比較対象が無い為、意味が無い」
 「そうかな。人間は、地球でも太陽でも、好きになったり嫌いになったりすると思うよ。私は、こんな暑い日の太陽は嫌い」
 「私は人間ではない」
 「人間になりたいって、思ったことはある?」
 「難しい質問だ。どのような意味で人間という語を使用しているのかによって、回答は異なる」
 「じゃあ、モナカは将来どんなふうになりたい?」
 「許容される限りにおいて、より人間の曖昧さに対応出来るようになるべく設定されている」
 「ふうん。だから、モナカって、変わってるのかな」
 「変わっている、とは?」
 「他のアンドロイドに比べて、ユニークってこと」
 「そうなのか。そのように評価されたことも無い。私が観察する限り、ユニークなのはそちらの観察であると判断する」
 「なにそれ、私が変わり者ってこと?」
 「他の人間に比べて、ユニークということだ」
 やっぱり真面目な顔でそんなことを言うので、私はつい吹き出してしまった。
 「さてと。そろそろ行こうか。歩きたくないけど」
 「了解した」
 「ね、モナカは歩くの好き?」
 「好きでも嫌いでもない。ただ……」
 「ただ?」
 「不得意だ」
 「それはそれは、御愁傷様」
スポンサーサイト

テーマ:創作モノ - ジャンル:その他

  1. 2009/07/19(日) 17:18:30|
  2. チラシの裏童話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<はじめに、と登校時間 | ホーム | 夢の手前>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://3daysbaldness.blog115.fc2.com/tb.php/111-aca8dc19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。