シッタカブリオーネ

虚言・妄言・支離滅裂

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

健康に良い・リモコン

この度発表された八百菱によるリモコン“uso-PACH701”が噂の巷で話題になる雰囲気だ!

というのもuso-PACH701(以後701)はリモコンとしては史上初のコンセプト、使用者の健康を目指した最高(当社比)の設計を施された製品なのだ。

開発チームは静岡県某所にある研究所、通称・樹海と呼ばれる建物の地下31階にある資料編纂室の窓際に六年近く居座った末、遂に701を完成させたという話だ。

701の主な機能は3つ。
まずは高橋メソッドの入力のみ受け付ける、MEIJIN-button。
これは、一秒間に16回以上のボタン入力を使用者に求めることで、使用者の錆びきった瞬発力を目覚めさせようという粋な計らいである。
ちなみに開発チームの人間は未だに入力に成功したことがないらしいが、これは全購買層に対する挑戦状に違いない。


そして次の機能は、斬新な充電方法と脳の活性化を模索した、坂dashα。
使用者はリモコンを充電させるために、付属の次世代ベルトコンベア式デバイスの上に立ち、おもむろに左右の足を交互に繰り出さねばならない。
このデバイスは常に地面から30゚に保たれており、それにより使用者の腐りかけた脳には失われた坂ダッシュの記憶が想起され、活性化に繋がる魂胆だ。
なお、リモコンに搭載のバッテリィは常に過剰なまでに電力を放電しようとするため、使用者は10m/sの速度を保たねば操作出来ず、さらに電力を蓄える機能は結果的に存在しない。


最後の機能は、使用者のコンディションを一旦健康と対極に持って行くことで、逆に究極の健康をもたらすとされる、イタヅラX-ray。
各ボタンにわざわざ取り付けられたエックス線照射装置は、常に使用者の弱点を狙っている。
これはもう、どうすることもできず、使用者はただ途方に暮れるしかないが、その先にこそ真の健康はあるのだ、
と開発チームのリーダー、ウソ林氏は語っている。
因みに彼の余命は幾許もないらしい。
ある意味、技術者の反面鏡と言えるだろう。
合掌。


さてこの701、日本での発売は未定だがネット上では転売が相次ぎ、問題となっている。
知り合いのマニアはこのことについて以下のようにコメントしている。

「コイツには一銭の価値もない。外層がベニヤ板という時点で悪ふざけとしか言いようがない。殺意さえ覚える。じゃあ、いったい誰が買うのかって?はは、それは転売屋さ」
スポンサーサイト
  1. 2007/08/13(月) 02:14:56|
  2. 嘘八百並べ立て祭り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<《揮発性》 | ホーム | 【僕は僕のための僕】>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://3daysbaldness.blog115.fc2.com/tb.php/15-5474270c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。